01-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>02-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.03.10 (Sat)

マルコ VS ツンデレ系



マルコです。



某日、美容院へ


ここ最近忙しくてストに行ってません。
2月後半から急に仕事が忙しくなり、その疲れ、そして花粉症・・・。
これからさらにツライっす。
でも伸びた髪を見てさすがにこのままではストには行けんと。

今回はパーマのみをすることに。
ロッドを巻く間、座って雑誌を読んでいると、担当が女の子になりました。
美容師というか、まだアシスタントなのかな?
まだカットはできない感じ。
その女の子が結構ツンデレ系。

ツ「はい、耳にカバーしますねー」


ツ「はい、パーマ液付けてきますねー」


マ「雑誌代えてくれる?」
ツ「はい、わかりました。少々お待ち下さいねー」

この喋った後の「○○ねー」がちょっとイラってする。
且つすごく事務的。
でも背は小さいがルックスはかわいい。



これからナンパで女の子を何人も口説いていかなければいけない身として、
ここで思う・・・・。
(どうしたら距離が縮まるような会話ができるだろう?)


たぶん普通に
「休みの日は何をしてるの?」
「まだカットはしないの?」
とか色々と話題を振る事はできるけど適当に話して終了みたいになりそう。



しばらく考えて、一言
「自分、よう働くな」



その子はブーツを履いており、その
コツ、コツって音が店内で響いてその子が歩いているのがよくわかる。
その子は雑誌をお客さんに持っていったり、
お客さんをシャンプー台に案内したり、
結構せわしなく動いていた。
なのでそこを突いた。
ポイントは上から目線と、ぶっきらぼうな感じ、そして媚びず、にふと思った事が
口から出たって感じ。

すると
「そんな事ないですよ。ただコツコツ言ってるだけです。うるさいですか?」
少し照れ笑いしながら言った。


その後、
ツ「次のパーマ液付けますねー」
マ「は~い」
(普通に答える)



ツ「髪の毛痛いところないですか?(ロッドで引っ張りながら巻いているので)」
マ「あ・・・うん」
(次第に素っ気なく答えるようにしてる)



ツ「ロッドはずしていきますねー」
マ「・・・・」
(最終的に無視して雑誌を読む)




ツ「何か面白い記事載ってます?」
マ「うん?あ・・・この雑誌好きなんだよね(Goods Pressを読んでました)」
(お、釣れた)


その後は、向こうから色々な話をしてくる。
朝はめざましテレビか朝ズバを見て遅刻しそうだの、
自分は4月から店舗異動するだの、
自分で勉強することより人から聞いた事の方がよく覚えてるだの、
美容院には消毒法があるだの、


基本的にその相槌として
「やるやん。」
「偉いやん。」
上から目線でちょっと認める感じ。
最終的には、僕が帰る時にすごい笑顔で
「ありがとうございました」って言ってくれる。


今までの僕は結構女の子の機嫌をとるような会話をしてました。
「その○○かわいいね」みたいな感じ。
媚びた感じ。
でも佐藤先生の音声を聞いていると主導権を握って話してます。
主導権を握るためにはやはりどこか立場が上からの目線になるように話さないといけないですよね。
そう思いながら会話をしてましたが、ちょっとは距離縮まったかなって感じ。

でもその声掛けをしたからなのか、
普通に声を掛けてもこんな感じになったのかはわかりません(笑)
単に僕の中の自意識が過剰なだけかも(笑)
でも女の子と会話するときに、何か面白い事言わなきゃ、とか盛り上げないと
とか思うけど、
「何を話すかよりも、何を聞くか」って考えながら話す方が会話って盛り上がるのかなって事を思いました。



ふとそんな事を思いながら明日も仕事です。


スポンサーサイト
22:22  |  考察  |  Trackback(1)  |  Comment(3)

2012.02.23 (Thu)

マルコ 変則タッグマッチ戦


マルコです。


先日の全体講習のお話。


皆さんで座学の後、各自街へ散って各々声掛けを始めた。
この日、マルコはある事を試そうとしていました。

それは二人組への声掛け。

理由は2つ
①地蔵化対策
②ATフィールド無効化

まず①地蔵化対策

つい先日までマルコは2週連続で地蔵でした(2週で数声掛け)。
なぜかはわかんない。
でも声が掛けられない。
(先週のブログ参照)
そんな状態にならないように、2人組から好反応を得られる方法を考える事で
声を掛ける事を前提とした『脳』に問題をすり替えようという策。
ここでのポイントは無理にバンゲしたりしようとしない事。
(いずれはしますが)
『どうしたら2人組から1声掛けで1回だけ笑いをとれるか』これでOK
2人組は反応が得やすい分、それ以降の展開が結構難しいとの事なので
地蔵化対策としてはまずこれで十分。


実際に
マ『今日は揃って買い物なん?』
2『・・・・・・ま、まあ』(そっけない返事)
マ『あのさ・・・○○○○?』
2『ww(笑)』

お、いけんじゃん。
これで3組くらい声掛け。
でもこの後が続かない。
ま、いっか


②ATフィールド無効化
ナンパをしようと思って街に出ても1人で歩いてる子が見当たらない事がよくあります。
でも2人組で楽しそうに歩いてたりする。
2人組だからって理由でかわいい子に声を掛けない事はヒジョーにもったいない。
いつしかそんな感情が芽生えていました。
でも声を掛けない事に対して変に違和感・・・
別に声掛けたらええんちゃう?
なんか今まで2人やから、みたいに自分で勝手にATフィールド作ってましたができる限り壁は排除していこうという事。
だからできる限りコンビニでいたかわいい子なんかにも声を掛けたい。
どこででも。
今の状態は声を掛けるために街に行ってるって感じで、日常の中に好みの子がいたら声を掛けるという状態
になってないので、その壁を取り除きたい。


at.jpg





23:21  |  考察  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

2012.02.18 (Sat)

マルコ 受講を振り返る

マルコです。



突然ですが、質問です。
マンツーマン講座で得られた『最大の成果は何か?』

( ゚д゚)ノ ハイ!
マ「ハイ、そこの君」
君「声を掛ける勇気?」
マ「違います」

( ゚д゚)ノ ハイ!
マ「ハイ、そこのとっちゃん坊や」
と「バンゲするテクニック?」
マ「違います」


\(・)メ
    、(  
/(・)   
   ハイ!
マ「ハイ、そこのルフィ」
ル「海賊王より、ナンパ王になった方が楽しい?」
マ「いや、おまえはまず海賊王になれよ」

答えは、『ナンパは楽しい!!』
これ!!

確かに
女の子への声掛けも慣れて、サクッと声掛けできました。
ルックスも少しずつ改善できてます。
バンゲするトークのテクニックも少しずつ解ってきました。

でも何が一番楽しかったかっていうと
マルコが言った言葉で女の子が笑ったって事

受講中、
キャッチの声掛けをシカトして早歩きしてきた女の子に
マ「はい、次オレの番ね」
女「爆ww」
こんなやりとりをした子がいたんだけど、自分で言うてて可笑しくて
相手もその雰囲気でさらに可笑しくて
平行トークで笑いながら歩いて・・・



結局バンゲには至らなかったけど、1ヶ月前の自分ならありえへん。
この時、自分の一言で見知らぬ女の子が笑ってくれるって、なんておもろいんやろ
て思ったんですよね。
受講前は、正直やらなあかんからやるって感じやったけど今はポジティブな理由やモチベーションでナンパができるようになった事は、マルコにとってナンパをする上でとても大切なことです。







21:23  |  考察  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

2012.01.31 (Tue)

マルコ でごわす

マルコでごわす。


(○゚ε゚○)プププー
何それ(笑)?

まあ理由は後で。



つい最近何かの恋愛系のブログでこんな記事を見た。


『ジコチューとは何か?』

ある女の子がその著者に相談にきた。
彼女は、『彼の為ならなんでもします。だから振り向かせる方法を教えて』と言う。
あれやこれやアドバイスしたりアイディアを出したががおそらく厳しいだろうと思う。

なぜ「厳しいだろうな」と感じているかというと、やりとりをした僕自身、
彼女といてあたたまるものがなかったからだ。
彼女と居たいと思えないし、
彼女と寝たいとも思わなかった。
彼女に触れた気がしなくて、また会いたいとも思わなかった。

この頑張っている女の子に、「ジコチュー」という指摘を向けたら、
果たして誰が納得してくれよう。
ジコチューなのはお前だ、と僕のほうが言われそうな気がする。
けれどもジコチューについて、自己中心性とは何なのか、
ということを正しく考えたら、僕はこのことを本当は指摘せねばならない。

自己中心性とは、目の前の人を活性化しないことを言うからだ。



なるほど
フムフム(*゚Д゚)φ))ナルホド!!
と。


目の前にいる女性を活性化できなかったら
即なんてまず無理!
連出しとか論外!

僕は今までいい人で恋愛をしてきたので女の子を活性化してなかったんだろうなって思う。
そういう意味ではHNSのメソッドは女性を活性化させる為のメソッド。
今更ながら凄いメソッドや!!


声を掛ける女性を活性化できるように心掛けていきます。
ちょっとでもクスりと笑わかせる。
この人ちょっとおもしろ。ってまずは思わせるようになる。
「うまくいかなったらどうしよう」
とか思ってたら絶対できない。
もちろん空気読めないと
「この人ウザ」とか「ふ~ん、それで」とかなっちゃうからその
辺りはやっぱり経験・場数が必要なだろうな。
(今一番必要な声掛け数)




だから今日は、『マルコでごわす』でちょっと笑ってもらおかなと。
皆が少しでもクスってなって活性化されたらいいなと。

じゃあ最期にもう一笑い。




it.jpg



マルコでごわす







00:52  |  考察  |  Trackback(0)  |  Comment(1)
 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。